プレミアム

プレミアムフライデー・・・・・・・
金曜日の夕方から休日に食い込ませて、消費を活性化させようってことなのかな?

あたしが子供だった頃、若かった頃には、土曜日も学校があり、仕事もしていた。
それでも、土曜日は半ドンで、お昼ご飯前に、学校は終わり、仕事も終わった。
昔は大砲がドンとなってその時刻を知らせたそうだが、もちろん、ポンたんが子供の頃には、もう、そんなことは無かった。
それでも、土曜日、昼間に学業や仕事を終えることを、半ドンと言っていた。

1週間のうちで、1番ワクワクする曜日だ!
土曜日の夜は、7回ある夜のうちで1番楽しい夜だった。

働くようになってからは、日曜日の午前中は、ほとんど寝て過ごした。
日が高くなっても、お布団の中で、ゴロゴロ、ぬくぬく❤️
その時間を楽しむためにベッドを買った。
結婚してから、あの頃のゴロゴロ、ぬくぬくがものすごい贅沢だった事を知ることに。´д` ;


あれから半世紀
ポンたんは世界が狭くなり、今の社会情勢の中で、若い人たちが何を喜び、楽しみにしているのか、あんまりわからなくなってきている。

プレミアムフライデー・・・
まだまだ、社会に浸透するには時間を要するとは思うけど、子供達や若い人々に、楽しい時間が増えるんなら、どんどん普及して欲しいな❤️

休んだ日は

古くなったパンを食べる時は、炊飯器のご飯の上に少し置いておくと、美味しくなりますね。
ほんわかあったかくて、お米とパンの優しい香りがほのかにして。

今は電子レンジが活躍してるけど、炊飯器のご飯の上に置いたパンは、お皿に取り出してからも、柔らかいままで、私達が食べ終わるのを待っててくれますね。

201702071656360b8.jpeg

ポンたんが小学生だった頃・・・・
学校を休むと、近所の子が、給食の食パン🍞を、わら半紙に包んで、届けてくれたものです。
ついでに、その日の連絡事項や、お知らせのプリントなんかも、持ってきてくれました。

半世紀以上前の給食のパンは、ただでさえパサパサしていたのが、放課後になってますますパサパサになって届けられました。

これを、母はご飯の御釜の中に入れて美味しく温めてくれるのです。
ポンたんの主人もそうやって食べていたようです。
今でも主人は炊飯器で温めたパンが大好きです。

学校を休むと、午前中、テレビで、普段は見られない「お母さんと一緒」を見たり、給食のパンを友達が届けてくれたり、と楽しいことがいっぱいでした。
陽のさすお部屋の真ん中におふとんをひいて寝ているのも嬉しくて、ポンたん、小学校3〜4年の頃は、けっこうずる休みをしていました。
やすみたいと思うと、本当に熱が出たり、吐いたりできたんです。

ところがある日、行きつけの病院で、看護婦さんが
「また来た」って言ったんです。
そう聞き取ったんです。
ポンたんにそう言ったんだと、思ったんです。
空耳だったかもしれません。

その日以来、ポンたんはほとんど休まない子供になりました。
あれは、ショックだった!
恥を知ったポンたんでした。

小学生5〜6年から、休み時間に遊ぶことが熱烈に楽しくなり、中学では、いろいろと休みたくない理由もできて、ひ弱と思われたポンたん、あの、看護婦さんの一言以来、今に至るまで頑健に生きております。

わら半紙で包んだ食パンも、もっぱら届ける方になりましたとさ。

今日はごっつぉ!

数日前、ご近所の奥さんからカボチャをいただきました。
奥さんが、他の方からもらったカボチャを半分こして、持ってきてくださったのです。

「面白い形をしてるんですよ」
奥さんはそう言って、ポンたんに半分に切ったカボチャをくれました。

面白い形でした。
2016110518580387c.jpeg

2016110518580043f.jpeg

なんか、とんがった三角帽子みたいな。

早速、煮ました。
20161105185804498.jpeg

ポンたんは、以前は、カボチャそのものの味だけで、サラダのようにあっさりとしたものを作っていたんですが、最近は、最後にみりんとお醤油で味付けして、こってり、トロトロとしたものを作っています。

ポンたんは子供の頃、母の作ったカボチャの煮物が大好きでした。
それが、最近ポンたんの作っているこってり、トロトロのカボチャの味付けだったんです。
特に緑の皮の中身のこってりした部分が大好きな小学生でした。

あ、
このいただいたとんがり帽子のカボチャは、皮の部分まで、トロトロになって、クリーミーで、ほんとにおいしいカボチャでしたよ。^_−☆



カボチャを煮る時、いつも思い出すことがあります。
母からよく聞かされた話しです。
戦中か戦後、食糧難の時代。
母の読んだ雑誌に小学生の綴り方が載っていたそうです。
それは、母の心にとても残ったようでした。

学校から帰ったその小学生は、食卓を見て大喜びして言いました。
綴り方には
「今日はごっつぉ(ご馳走)がある。
カボチャのけっこ」
と、書かれていたそうです。

けっこというのは、母もポンたんもずっと煮物のことかと思ってきましたが、今ネットで調べると、どうも青森や北海道の方で、おかゆを指す言葉のようですね。

カボチャのおかゆのことを、ご馳走と言って喜んでいた当時の子供のことを考えると、切なくなりますね。

「今日はごっつぉがある。カボチャのけっこ」

カボチャを煮るたびに、いつもこの言葉を思いながら、トロトロのところを美味しくいただくポンたんです。

theme : 今日のしあわせ
genre : 日記

娘の好きなもの

娘の家に遊びに行くと、私が20歳のころ使っていたタンスや、母が60年前にお姑さんに買ってもらった裁縫箱などが、部屋に並んでいます。

私の娘は、古い物が好き!

そして、先日、娘が引き出しから出してきて見せたのが、これ。





私の父が使っていたもの。



若かりし父は、この缶にペン先を入れていました。
父が亡くなってから、私が娘にあげたものです。

おやおや、この缶はよく見ると、歯磨き粉入れのようですね。
Tooth paste
練り歯磨きの入れ物。
旅行好きだった父は、これをボストンバックやリュックに入れ、日本中を歩き回ったのでしょうか。
その後ペン先入れに使っていたのですが、このペンの箱も時代を感じさせますね。
箱の裏も見てみましょう。




字の形も年代物です。

娘は、こういうものに囲まれて暮らしていると、幸せなようです。
面白い私の娘です。

あの夏!夏!夏!

梅雨が明けたドドドドド〜〜〜〜\(^o^)/
あれ?で、今日は土用なの?
なんか、土用波が来る前に海水浴ってえのが頭にあったけど、海ではもう波が高くなるのかしら?
ま、いいや。
さて、恒例の夏シリーズも(高齢じゃないよ)今日あたりで終わりにしよう!
最後のテーマはラジオ体操。
今も、やってるのかな、ラジオ体操。
ポンたんの子供達の時は確か夏休みの、最初1週間と最後1週間。
近くに神社があって、そこの庭でやってたけど、どこに迷惑だの、あそこに迷惑だの、と、やる場所を転々として、ポンたんのうちの前でやったこともあったわ。

昭和30年代のラジオ体操は、ここ!
ポンたんたちアパートの子供達は、アパートの集会所の前で、夏休み中毎日やっていました。

20160730170732b04.jpeg 

アルバムに、やっぱり下手な字で、「ラジオたいそう」って書いてある!
ポンたんは1番手前の列、後ろから3番目のポニーテールの子。
5〜6年の時は髪を短くしてたので、これは小学3年か4年のポンたんです。
ポンたんの前の2人は兄弟かなあ(記憶がないけど)なんとも、ほほえましいわ❤️

カセットテープなぞ、無くって(あったかもしれないけど、アパートの住民は持ってなかったのでしょう)6時半になると、誰かのお家のベランダでラジオを大音量で流してくれてたのです。

そういうことでは誰からも文句の出なかった時代です。

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

つくし村のポンたん

Author:つくし村のポンたん
中学生だった姉が描いた小学生だった私。
その頃、昭和30年代の思い出を中心にしたブログです。
お金もない!
若さも無い!
無い無い尽くしのつくし村から、あんぽんたんのポンたんが製作中です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR