無事に戻ったポンたん

昭和が今より良い時代だった、というわけではありません
が・・・・

ポンたんが2歳前後の頃のお話し。


母にとっては印象深い思いでだったらしく、子供の頃から何度も聞かされてました。

昔々汽車の中で。

ポンたんちゃんはおしっこをしたい、と言いました。

汽車はぎゅうぎゅう混み合っていて、座席に座っていたポンたん母は、立ち上がるのも難しい状態でした。

困っていると出口付近からおじさんの声で

「俺がさせてやっから」

ポンたんは、まわりの、立ってる乗客の手から手へ。

出口に立ってたおじさんに、線路に向けておしっこをさせてもらい、
(汽車は駅に止まっていたらしい)
(そして、もちろんドアは自動ドアでも無く)
また、乗客の手から手を経て、母のもとへ。

そんなことがあったらしいです。

何度もその思い出を語った母は、やっぱり一抹の不安があったようですね。
無事我が子が戻って来て、ほっとしたことでしょう。


ところで、ポンたんが子供の頃は、電車のトイレは
線路上に垂れ流しだったような記憶がありますが。

だから、駅に止まってる時は、トイレを使ってはいけない、というルールがあったと思います。

こんな決まりがあったことを覚えてるかたは、いらっしゃいますか?

娘家族の熱が下がったよ❤️

だいぶ前に買った青汁の粉の袋が棚に残っていて邪魔だったので、この3日間、大さじで山盛り一杯を牛乳に混ぜ、時にはすりごま、きなこも加え、シェイクして飲んだら、やっぱり今日、下痢になったとです。ポンたんです(´・Д・)」

時々書いてますが、私には要介護4の実母がおりまして、夜、寝ない時もある、元気な認知症の母です。
一昨日、12時間寝たせいでしょうか、昨日はほとんど寝ない母でした。


母が夜寝ないとポンたんも寝られないわけでして、今、ものすごい睡魔と戦っているポンたんです(´・Д・)」

母は今日、ショートステイに行っております。

なので、ポンたん、今から2日分寝てやろうと思います。
多分下痢も事情を察して収まってくれるのではないかと。

えっと、今、眠気を堪えてブログを書いているのは、そんな下痢のことを伝えたいためではないのです。

昨日、ブログに書きました娘の家族の熱が、みな下がってるらしいということをお伝えしたかったのです。

さっきメッセージでやりとりしましたら、だいぶ元気になったようなので、ご心配いただいたお友達の皆様にお伝えしたくて。

どうも、どうも、皆様、

ありがとうございました❤️

では、ポンたんは寝ます。

おやすみなさい
😴💤


孫家族が風邪ひいた(^^;;

うわーん((((;゚Д゚)))))))
娘の家族が風邪ひいちゃった!
なんか、みんな高熱が出てるって。
扁桃腺が炎症起こしてるらしい。
パパちゃんも娘も、孫たちも!

心配だけど、娘たちは遠くに住んでいるし、、私は親の介護で動けないのとで、どうしようもない。

3~4年前に孫の一人が肺炎になって入院した時も、手伝いに行けなかった。
娘と、肺炎の孫と、元気なもう一人の孫、3人が、1週間病院で暮らしてた。
(私も自分の子育ての時、やはり、下の子の入院を経験してるけど、その時は私と主人双方の親に手伝いに来てもらっちゃったのだわん)

なんやかやとだらしない娘だけど、結婚して、赤ちゃん産んで、パパちゃんの転勤で、遠くに引っ越しして。

親の手伝いも無く(出産の時は、ものすごく手伝ったよ)

良くやっている、と感心する。

そんなわけで、外で、親に連れられた小さいお子さんを見ると、つい、声をかけたくなる。
ポンたんの孫もあっちで、いろんな人に可愛がってもらえるといいな、娘の子育てを温かく応援してもらえると良いな、という思いがつい、見知らぬお子さんへの声がけになってしまう。

連れている親はそっけなくても、小さい子って、ほとんどがニコニコしてくれるのね\(^o^)/

でも、なるべく空気は読むようにはしてるつもり。
声を掛けるとかえってお母さん、ますます子供を怒っちゃうかな?みたいな時もあるもんね!

スーパーなんかで、子供がぐずってしまって、まわりに迷惑をかけてるんじゃないかと、ハラハラして叱ってる若いおかあさん。
そんなことは無いのです。
ほんとは私たち(おばあちゃんたち)、可愛くて声かけたくて、なのにちょっと躊躇しちゃって、チラチラ見てるだけなんですからね。

地震、ありました。

今朝方ちょっと大きな地震がありました。
ポンたんが震源地近くに住んでることをしっているブロ友のHitoniちゃんが、心配してコメントをくれましたよ❤️
Hitoniちゃんは、ロックグループ「マニック パンク プッシャーズ」・・・・略して「マニパン」のボーカルさんです。

こりゃ、他のブログのお友達も心配してるかな?

と、いうことで、わたくしの地震に関して、ご報告します。

Hitoniちゃんのコメントへのお返事にも書いたけど、

地震のあった時、ポンたんはトイレにいました(^^;;

どこか遠くで

ジージージー(機会音)「地震です」
ジージージー「地震です」
(あとで見たら、台所に置きっ放しのポンたんのピッチが、健気に教えてくれてたことが、わかりました。)
と、繰り返されるので、慌ててトイレから出て、ベッドで寝ている母の元に。

母は少し枕から、頭をもたげて目を開けかけてましたが、私がゆっくりと(認知症の人を、慌てさせたり急かしたりしては、良いことはありませんからね)
「大丈夫だよ」
と、言うと、またそのまま寝てしまいました。

私はかねてより、地震や災害の時、トイレにいたらどうなるのかしら?と本気で心配してました。

実は私は、けっこう間の悪い女なのでございます。

今日はもう御用も済んだところだったし、揺れもそうひどくなくて、さっとドアを開けて冷静に出てまいりましたが。

テレビで、エレベーターが止まるニュースを見ると、いつも思うことがあります。

もし、「このエレベーターを降りたらトイレにかけこまなくちゃ」なんてシチュエーションのポンたんが乗っていたとしたら、いったいどうなるんだろう!と。


いつの日か、
「地震でトイレのドアが開かなくなり、閉じ込められていた老女が72時間ぶりに助け出されました。」
なんてニュースを耳にしたら、それはポンたんかもしれません。


今朝の地震で心配して下さった皆様、ポンたんは元気です!
ご安心くださいね❤️

ゴールデンウイーク☀️

とっても良いお天気の続くゴールデンウイーク。

全く変わったことがありません。

母のショートステイの予定もいつも通りだし、家族も仕事をしていたり、ヤボ用ででかけたり。

孫たちも来ないようだし。

いつもと同じローテーションの日々だけど、何と無くウキウキしてしまうほど天気が良い\(^o^)/

201505032051342d9.jpg

母も、庭の石に座って日向ぼっこ。

201505032051366d3.jpg

ポンたんも庭の真ん中に小さな可愛い花をみつけたので、パチリ📷
とても小さいことをわかってもらいたくて、ライターを置いてみました。
カタバミというお花らしい。

芝桜はまだ庭を真っ白に埋めて咲いています。
朝、7時前、射し込む朝日を受けて、どんどん輝いていきます。

201505032051312ca.jpg
04 | 2015/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

つくし村のポンたん

Author:つくし村のポンたん
中学生だった姉が描いた小学生だった私。
その頃、昭和30年代の思い出を中心にしたブログです。
お金もない!
若さも無い!
無い無い尽くしのつくし村から、あんぽんたんのポンたんが製作中です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR