孫へプレゼントだよ❤️

久しぶりに!
ポンたんの!
人様には見せることのできないほどへたっぴな!
針仕事をお見せするご無礼を!
お赦しくだされ(>人<;)

孫が!
誕生日のプレゼントに!
ポンたんのお人形が欲しいと言うもんだから、久しぶりに作ってみました!

2016013018175867e.jpeg

最近、作るのにハマっている巾着も付けて

201601301821380b2.jpeg

巾着の表側です。

ポンたんはオレンジ色が大好き!

孫が気に入ってくれるかちょっぴり心配です^_−☆

theme : ハンドメイド
genre : 趣味・実用

今夜はテニスの応援中

ただいま、テニスの試合をテレビで応援中。
そうです。錦織圭選手です。
ポンたん、さっきから
「ぎゃー!」
「ウォー!」
「あー!」
床をこぶしで叩きながらのたうちまわってます。
ここぞという時には、手で目を覆いながら指の隙間から画面を見ます。

冷静に見ていられないタイプです。

テニスに限りません。
相撲でもマラソンでもバレーボールでもサッカーでもスキースケートジャンプ野球体操・・・・・・

どんなスポーツも冷静に観戦できません。

だから、母がいる時は、できるだけ心を抑えて、騒がないようにしています。

認知症になった母は、大声や、大きな音に即座に反応するからです。

「ぎゃああ」なんて叫ぼうものなら
「なんですか!」
きっとした目でにらみつけられてしまいます。

還暦を過ぎても親に叱られてるポンたんです。

(今夜は母はショートステイで介護施設にお泊まり。)

「にしこりーーーーー(呼び捨てでごめんなさい)
がんばれーーーーー!!!!!!!」

テレビに向かって騒いでるポンたんです。

余の発明じゃ

えーお笑いを一席・・・の落語で、その昔にテレビで聞いた面白い話に「湯屋番」と言うのがございます。
どっかの良いとこの若旦那に少し修行をしてもらおうと、湯屋へ奉公に行ってもらうんですが。
この若旦那、辛い仕事はせずに、番台に上がってみたものの、客は男湯ばっかり。
退屈になって妄想を始めます。
・・・・・・・・・・・・・・・
女湯に来た色っぽい女性がこの若旦那にぞっこんになる・・・という妄想。

妄想の中で、この女性が
「ちょいと、おぶやの兄さん、おぶやの兄さん」
と声をかけてきます。

この辺が噺家さんの力量で。
この
「おぶやの兄さん」
の呼び声がポンたんの耳には生涯色っぽい面白い声として残ったわけです。

もう1つ、落語で、残っている1つの台詞がございます。
それは
「余の発明じゃ」
というもので、認知症になる前の母と、ポンたんの間ではその一言だけで笑える、という代物でした。

この噺はちょっと出どころがわかりません。
殿様が家来に顔の髭を剃らせる時に、ほっぺを舌で膨らませ、家来が
「これは剃りやすい」
と、お世辞を言うと、殿が、自慢げに
「余の発明じゃ」
と、言うのです。

「おぶやの兄さん」
「余の発明じゃ」

いつもこう言って母と笑っていた頃が懐かしい。

さあ、巷では、今夜から
寒波が到来するとのことですよ。
どのくらい寒くなるのでしょうねえ( ̄^ ̄)ゞ

よく、息をハア〜と吐いてその白さで寒さを測る時がありますね。
ポンたんは若い頃、鼻をクシャッと縮めて、それが元に戻る難易度で寒さを測ってましたよ。
寒いともどるのが難しい感覚を持つのです。

このやりかた、「余の発明じゃ」\(^o^)/

この冬初めての積雪が(^^;;

最近は天候がおかしい。
冬なのに雪はちらつくだけ。
あったかいし・・・・

などと言っていたのを謝りたいくらいのドカ雪が( ̄O ̄;)

昨日のポンたん地方

20160119094922334.jpeg


20160119094921b52.jpeg

この高さが20㎝くらいだったかな(^^)

ところが夜中、トントントンと、雨だれの音。
夜中に溶け始めてきましたよ。

今朝はグジャグジャの雪道になってます。

大好きな雪かきを3回やったので、少し痩せたかも。
今、母もショートステイに出かけたし、さあ、甘いものでもたーべよ^_−☆

友人からお手紙✉️

昨日、ポンたんのお友達からお手紙が届きました✉️
「こちらは積雪も無く、天気もとても穏やかに・・・・」
という書き出しで、おしょうがつにお孫さんに会ったことが書いてありました。

彼女とは、もう30年近くのお付き合い。
お互いの子供達が同じ幼稚園に通っていた、いわゆるママ友。
その頃はご近所だったけど、今は彼女とポンたんの間には、50㎞以上の距離があります。
携帯の普及してる世の中だけど、彼女とは延々とお手紙のやりとりが続いているのです。

昨日、そうやってお手紙をくれた彼女から、翌日の今日、ハガキが届きました。
「昨日、天気も穏やかで、積雪も無く・・・と書いたのに、今日起きてびっくり。
細かい雪が30㎝位積もってました」
そう書いてあります。

ポンたんの家の前も、積もりはしなかったけど、うっすらと白くなってました。

彼女は、雪が降ったことをポンたんに伝えたかったのね❤️
雪が積もっていたとハガキに書いてポストまで出しに行ってくれたのね❤️

嬉しくなったポンたんは今から彼女にお返事を書きます。
「こちらもうっすら白くなりましたよ。
来週は寒くなるようだから、お互い身体にきをつけようね」
と、ね。

ポンたんのブログに来てくださった皆様も暖かくしてお過ごしくださいね。
来週は、寒いようですよ。

わたりどり

1ヶ月くらい前、庭に出ていたポンたんの耳に、どこからか
カモメの声が。
でもここはどちらかというと山の中。
(カモメの声が聞こえるはずないなあ)
と、空を見上げていると、なんと飛んできたのは白鳥の群れ。
傘の形になり、南の方角に飛んでいくではありませんか。
(カモメではなく、白鳥の声でした)

実はこの辺には白鳥の飛来地が数カ所あるらしいのです。
首を伸ばした白鳥が、きちんと矢印の傘の部分の形を作り、大きな翼を一生懸命羽ばたかせながら飛んでいく様は、何か胸を打つものがありました。

と、いうわけで、本日は、最近はまっているアレキサンドロスの「わたりどり」をここに貼り付けてみましたよ。

♪追い風届けるよ 僕ら一心に羽ばたいて♪

ビビリ始め

七草のおかゆもいただいて、新しい年がスタートいたしました。
皆様、今年も1年よろしくポン!
孫も来ました。
来るたびに、可愛くなり、大人になってる孫たちです。
(うちの孫たちは、本当に可愛いんですよ。)
(孫バカでもいい。だって、ばあちゃんなんだもの)

2016010915353184b.jpeg

リバーシ、まだ大人気。
ポンたん、本気を出して孫に負ける・・・・オーマイガーσ^_^;

咳をしながら来た1番下の孫は、来て2日目に、熱が出ました。
お正月で病院は休みだし、とビビるポンたん。
当の孫は
「げんきもん(げんきだもん)」
と、言いながら普通に遊び、すっかり治って帰って行きました。

さて、そうなると、この風邪が高齢の母にうつるのではないかと、ビビるポンたん。

案の定、孫たちが帰って数日後、同じ咳をしだした母。
どうか、熱は出ませんように、とビビるポンたん。

お正月明けの病院は混むだろうし、今日からは3連休で、病院は休みだし。
熱は無いものの、なんとなく元気がなさそうにも見え、ビビるポンたん。


なんとか、大丈夫かな?と思えたので、今日はショートステイにお出かけいただいております。

孫たちが帰った後の片付けがいっぱい残っております。
おもちゃをかたづけたり、孫たちの忘れ物を宅急便で送ったり、と忙しく動きながら、
ショートステイに出した母は、風邪がひどくなってないだろうか、と、やはり心配です。

お正月から心配ばかりしているビビリのポンたんなのでございます。

今年もよろしくなのでございます。

12 | 2016/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

つくし村のポンたん

Author:つくし村のポンたん
中学生だった姉が描いた小学生だった私。
その頃、昭和30年代の思い出を中心にしたブログです。
お金もない!
若さも無い!
無い無い尽くしのつくし村から、あんぽんたんのポンたんが製作中です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR