どうでも、どうでも、どうでも良い話

二重まぶたのポンたん。
豊満な胸のポンたん。
髪の毛は今はやりの前髪パッツン。

若い頃は、片方が二重、片方が一重まぶただったポンたん。
今は憧れの両まぶた二重だよーん\(^o^)/
一重の方にシワが増えて二重になったのだけどね。

豊満な胸、と喜んで見たものの、それより豊かなお腹が存在( ̄O ̄;)
ボンキュッパじゃなくてボンボンボン!

ごま塩頭の髪の毛は、去年はショートカットだったけど、今年はおかっぱにしてみたよ。
千円カットでね^_−☆

私の母は、白髪になってからピンクや黄色など、黒髪にはあまり合わない色が似合うようになったので、白髪もそれほど嫌では無いポンたんだよーーん。

いやー、ほんとに年を取ったもんだ(^^;;

らんま21

はーい!everybody(^o^)/
先週の「ダーウインが来た」での珍獣人気投票第1位はパンダさんでした。
我が父は、関西生まれのせいかどうかわかりませんが
「パンダさん」のことを「パンタさん」と言っておりましたな。

私「パンダが1位だって」
長男「ふむ」
私「昔、お湯とかお水被るとパンダさんになるアニメあったね」
長「ふむ、あったね。さあ、なんだ」

私の血筋が多く認知症になっているので、我が家では、私が思い出せない時は、私がお願いするまで、自力で努力するルールになってます。

私「高橋留美子だよ」
私「めぞん一刻じゃ無い」
私「ラムちゃんは、うる星やつらだ。あの映画版の、文化祭前夜を何度も繰り返すやつ、感動ものだった」
長「ふむ」
私「めぞん一刻、じゃ無いよ。・・・・・らんま」
長「お!」
私「らんま・・・・かいとうらんま」
長「ちょっと違う」
私「らんま・・・・・らんま・・・・らんま21」
長「お、近い、かなり近い。数字が出た。近いようではある」
私「らんま72」
長「遠くなった」
そのあと、やっと出ました。
私「らんま2分の1」

出たよ!
自力で!

ハシビロコウ

「ダーウィンがきた」が10周年だそうです。
なんか、もっと昔からやってる感じ。

ポンたんの母が寝るのはだいたい8時。
日曜日は大抵「ダーウィンがきた」を見てから、母にベッドに入ってもらいます。

このあいだの放送は、10周年を記念して、今までやった珍獣のベスト10を発表してました。
上野動物園のお客さんに選んでもらったそうです。
10種の珍獣は、スカンクだったり、エリマキトカゲだったりウオンバットだったり。
そしてハシビロコウだったり。
10位はスカンク。
確か1位はパンダさんだったかしら?
ポンたんなら、絶対ハシビロコウ!
ハシビロコウは3位だったのかなあ。
ポンたんなら、絶対ハシビロコウを選ぶ!
ハシビロコウ!
ハシビロコウ!

ビバ!ハシビロコウ!
一晩中川の中でビクともしないハシビロコウ。

なんか、好き❤️

一晩動かずにいたハシビロコウ、朝になって川の中に魚をみつけたとたん、ものすごい素早さで魚をパクっとひと飲みにしてました。


声❤️

最近世間を騒がせている、声の良い男性の話題を、ワイドショーで見ているうちに、ポンたん10年くらい前のことを思い出しました。

10年前、バスに乗っていたポンたんは、後ろの方から聞こえてくる男性の話し声に心を奪われてしまったのです。
仕事帰りの人達で、席が殆ど埋まったそのバスは、 ビルの明かりを暗闇の中に走らせて、郊外の住宅地へと向かっていました。
この時間のバスの中は、疲れた大人達の寝息が目立つほど静まり返っているのが常です。
そんな静寂を壊さないように配慮した男性2人の話し声が聞こえてきてすぐに、ポンたんはもう、その声の良さにうっとりとしてしまいました。
(もう、私を自由にして)と、言いたいくらい(即座に断られるでしょうが)うっとり!

全員が進行方向に向かって座っているバスの中、振り向いて男性たちの顔を見ることもはばかられるまま、ポンたんはバスを降りました。

あんな体験ははじめてでした。
本当に素敵な声❤️

ポンたんの若い頃は、甘い声の細川俊之さんという俳優さんがいらっしゃいました。
今は、声の良いかたが多いですね。
向井理さんや、斎藤工さん。竹野内豊さん。
朝ドラで活躍の玉木宏さん、他にも谷原章介さん、オリラジの中田さん、いっぱいいらっしゃいます。

声って、影響力けっこうあるんだな、と思うポンたん。

ちなみにうちの主人も、声はちょっとだけ良いです。
あれで騙された( ̄O ̄;)

やっぱ春💐

母の在宅診療を決め、心が軽くなり、自分の料理で体重が重くなったポンたん。

そんなポンたんの庭にクロッカス(多分)が、2〜3日前から咲き出しました。

2016031520422717e.jpeg

やっぱ春です\(^o^)/

7キロも太ったポンたん

そして(どうして、どうなって)ポンたんの料理はどんどん変化を遂げ(出発点はわからない)すべてがポンたん好みの味付けに。
自分で作る自分の料理が美味しくてたまらない。
家族もポンたんに慣らされて、ポンたんの料理がなんか美味しい気がしてきてる。

一般の常識からすれば、おそらく火が通り過ぎてる!だの、切り方が雑!だの、細やかさが全く無い!だの、ひんしゅくを買うレベルの料理が、ポンたんの家では、美味しいとされようになった。

料理が美味しくてたまらないので、当然太った。
家族も太った。(主人を除いて)

ポンたんなど、数年前より7キロも太った!
こりゃ、大変なことですわい!
お腹周りだけかと思ったら、顎の線もなんだか鈍くなって。

1月頃からがんばってるけど、なかなか減りませんねえ。(考えたら、別に特に頑張ってもいないような)

で、落ち込みそうになっています。

そんなポンたんを今から救助したいと思います。

数年前、ポンたんは今より7キロ痩せていました。
なーんでか。
それは、娘の出産があったからです。
上の孫たちや、母を見ながら、娘を無事出産させるため、ポンたんは孤軍奮闘してました。
娘が無事出産をし、だんなさんの元に帰って行った時、ポンたんは7キロやせていたのです。
ダイエットもせずに。
3ヶ月間で。

で、数年後の今、ポンたんは7キロ太りました。

なーんだ。

元に戻っただけじゃないか\(^o^)/

これで、ポンたんの救助作戦を終わります。

食べたいけれど、太りたくない。
そんな私は、中途半端にチョコパイのminiを食べているのでした。
20160312203949b8e.jpeg

奥にいるのは私の母ですよ❤️

24時間対応\(^o^)/

ポンたんの母は、要介護4の認知症です。
家の中を一生懸命歩きます。
でも、全ての認知度が低いので、歩いて行って欲しい方向に進んでもらう事はとても難しく、毎月の通院には車椅子を使っていました。
しかもちょっとでも具合が悪いと途端に身体を動かせなくなるので、病院に連れて行くのがとても困難でした。

そういうわけで、前々からケアマネさんと相談していたんですが、今は、在宅の診療をうけています。

なんと、お医者様が、この、粗末な拙宅にワザワザ来て診察してくださるのです。
しかも、若くて(ポンたんよりは)
やさしくて、気さくな、素敵なお医者様にお願いすることができましたので。

24時間対応してくださるということです。
もう何があろうと、まず、相談できる、という、この安心感を、最近のポンたんは得ています。

今の所、母は元気にしているので、先生がいらしても、聴診器と触診と血圧測定くらいで、母も歌を歌ったりして大喜びしていますが。

我が子達が赤ちゃんの頃も、往診があれば良いなあ、と思ってたものです。
ドラマでよく先生が往診に来る場面があるけど、昭和30年代頃にはもう、往診してくれる所はなかったんじゃないかなあ。
そういうわけで、最近のポンたんはすこーし心が軽くなっています。

やったー💗

遠くに住む娘と電話で会話
娘「あーでこーで・・・・」
ポンたん「うわ!で、どこ?」
娘「あーだこーだ・・・・」
ポ「おお!良いねえ」
娘「かくかくしかじか」
ポ「おお、そりゃ、忙しい。」
娘「どうたらこうたら」
ポ「良かった、良かった」

と、いうことで、娘一家がだんなさんの転勤で、ポンたん地方の近くに引っ越してくることになりました。
(けっこう近くだよん〜♪)
おほほ・・・o(^▽^)o
嬉しいやら、面喰らうやら。
孫たちが転校やら環境の変化にうまく馴染めるか、心配だったり。

とにかく、忙しくなりそうな春です。
うひひ・・・・
やっぱ、嬉しい\(^o^)/

まだ、冬だった!



今朝、カーテンを開けると、またまた雪景色!
びっくりポンたん( ̄O ̄;)
このあいだみたいに、フロントガラスにポンたんって書こうと思ったけど、雪が多すぎて断念。
物置にしまった「雪押し君」を、再び取り出し、ショートステイにお出かけする母の歩くところだけを雪かき。

でも、この雪、甘雪っぽくて、午後にはとけてしまいました。
ただ、夜になった今も寒い!寒い!
今は外の気温は1度らしいです。

そんな昼間の雪景色の中、ポンたんは久々に、繁華街を歩いてきました。
数週間前からお友達と約束していたので、考えていたのは、春っぽい軽い服装だったのだけれど、なんせ、雪景色となってしまったものだから、ダウンコートにブーツで、どっさどっさ、歩いてきました。
街を歩く若い女の子達も同じようなコートにブーツ。

明後日からは二桁くらいの温度になって暖かいそうです。
さあ、もう直ぐ重いコートとブーツとはおさらばよ\(^o^)/
02 | 2016/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

つくし村のポンたん

Author:つくし村のポンたん
中学生だった姉が描いた小学生だった私。
その頃、昭和30年代の思い出を中心にしたブログです。
お金もない!
若さも無い!
無い無い尽くしのつくし村から、あんぽんたんのポンたんが製作中です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR