泣けて歌えません♪

孫の卒園式で、「糸」が歌われました。
幼稚園児が卒園式で中島みゆきさんの「糸」を合唱しました。

娘からその動画が送られてきた時、ポンたんは腰を抜かしました。
(もちろん比喩です)

幼稚園児の誰か1人でも、この歌を、この歌詞の1行でも、理解できているのであろうか。
何故卒園式の合唱に「糸」なんだ、幼稚園よ。

園児たちはふざける者も無く、手を後ろに組み、幼い頭を揺らしながら上手に歌ってます。
孫も、眉間にしわを寄せ、何か考えているかのように歌ってます。
(うちの孫は集団の中では結構しかつめらしい顔をしています。
娘に言わせると、その実、何も考えていないんだそうです。)


ま、こんなことがあってから、ポンたんはその時までメロディーくらいしか知らなかったこの歌の歌詞を口ずさめるようになりました。

なーぜーめぐり合うのかを〜私たちは何もしーらないー
いーつめぐりあうのかをー私たちはいつもーしーらないー

ここまでは歌えるんです。
この後がいけません。
。・°°・(>_<)・°°・。
声が詰まって歌えなくなるんです。
以前にも、歌ってると泣けてしまう歌をブログに書かせていただきましたが、そこにもう一曲この「糸」が加わりました。

どこにいーたーのー
いきてきたーのー
遠い空の下2つの物語

ああ、もういけやせん。
。・°°・(>_<)・°°・。
中島みゆきさん、あんた、昔、「わかれ歌歌いの影がある」なんて自嘲していらしたじゃあありませんか。
「おかみさんたちよ、あんたらのほうが、あこぎな真似をしてるじゃないかー」
とかね。
「もういくつ目の遠回り道、行き止まり道、手にさげた鈴の音はー、帰ろうという、急ごうと言う。
頷く私はー、帰り道もとうに忘れたのをーしっているーーー」
とかね。
この人は私の同類だと思っていやしたが、今じゃあすっかり大人になんなすって。
人と人との出会いの奇跡を、歌い上げる素晴らしい女性になられたんですねえ。

だけど、なんで、卒園式の歌なんだーーーーー!!!!

ポンたんは、娘さん❤️


泉に水汲みに来て〜 娘らが話していた〜♪
若者がここに来たら〜 冷たい水上げましょう
緑の牧場にヒゲ面の兵士がやってきて〜
冷たい水が飲みたいと 娘たちに頼んだ

う♪つ♪くしい 娘さん ヒゲ面を見るな
兵士にゃ髭も悪いものじゃない
私は陽気なわーかーもの〜♪

昔、合唱コンクールでよく歌われた「泉のほとり」でも

その他、「山男の歌」でも
♪娘さん♪よくきーけよー
山男にゃほ〜れ〜るなよー
山で吹かれりゃよーーー
若後家さんだよ♪♪♪

などと、歌われてる「娘さん」

ポンたんもしょっちゅう言われるんよ。
「娘さん」って❤️

母と一緒にいると、だけどね。

ケアマネさんが言います。
「娘さん!」
スタッフさんが言います。
「娘さん!」
お医者さんが言います。
「娘さん!」

ポンたん「はーーーーい❤️」

うふふ(^.^)
ポンたんは、娘さんなのです。

つくし村の紫陽花

つくし村の紫陽花が咲いたよ!

20160621092317490.jpeg

色がだいぶイマイチね。
・・・ま、ポンたんの紫陽花だからね。
ポンたんと同じような色になるのさ(^^;;

201606210923191d8.jpeg

それでも村民は喜んでおります❤️

ところで、前回のブログは、実はもっと心を込めて書こうと思っていたんだけど、けっこうはしょって、急いで仕上げてしまったんですの。
ごめんなさいね。

実は書き始めた時に、娘から電話が入り
「今から行くよ。
可愛い孫たちがポンたんにプレゼントを渡したいんだってよ」

なんて、言うもんだから、もう気もそぞろなポンたんだったわけです。

孫たち、来ました。
もらっちゃった❤️
石鹸なんだって❤️

201606210923176b2.jpeg

この、石鹸持ってる手、可愛い孫の手。

20160621092956edd.jpeg

これ、孫の手!
(20年くらい前に着せた着物を着たきりすずめ)

1泊して帰って行った可愛い孫たち。
お姫様のように可愛い孫たち・・・
・・・・・?だったはず・・・・・
最近、急速にギャング化してるみたい!( ̄O ̄;)

いや、いや、元気だったなあ!

4分間おそばを茹でる

あぢい(^^;;
急に真夏になったわい。

と、いうわけで今日のお昼はざるそば!
ズルズルっとね^_−☆

このおそばは4分で茹で上がるらしい。
煮立ったお湯にバラバラッ!
かき回していると、亡くなった姉の顔が、お鍋の中に( ̄O ̄;)
前にも書いた話しだけど、おそばというと、姉とプールに行った中学校、高校時代の思い出が、必ずというほど蘇るのです。


ポンたん達姉妹の通った中、高にはプールがありませんでした。
ポンたんは泳げなかったけど、水遊びが大好き。
姉は泳げた上に水遊びが大好き。

で、夏休みになると姉はポンたんを誘って市民プールへと。

市電に乗って行く市民プールは川の横にあり、そこから見る空は遮るものもなく広く。

その時見た入道雲が、これぞ入道雲、という、惚れぼれするような勇姿。

そして、プールの帰りには、隣りにある公園の茶屋で、必ずざるそばを食べたのです。

おそばを茹でながら、ポンたんは4分間、そんな昔にタイムスリップしているのです。


梅雨だよん🌂

最後まで残っていたこの地、つくし村も梅雨に入りました。
これで梅雨の無い北海道を除いて、日本全国梅雨になったことになりますね。

ポンたんの庭の紫陽花もうっすら色づいてきましたよ。

20160614164025cc5.jpg

まだ、こんなですけどね。

いやいや、先日は実に調子の悪かったポンたんも、もうだいぶ回復\(^o^)/

そんなこともあるさ。
年も年なんだから。・・・・誰に言ってるのか?

梅雨・・・・

小学生の頃は、雨も楽しかったなあ。
レインコートはレンコート。
レンコートを着て、長靴履いて、傘さして。
それが嬉しかった。

梅雨・・・

昨日今日と、雨模様のつくし村。

雨降りお月さん
雲の影
お嫁に行くときゃ誰と行く♪

雨雨降れ降れ母さんが
蛇の目でお迎え嬉しいな♪

雨、梅雨、いっぱい歌がありますね。

梅雨も良いもんです。


やっぱ年だわ(^^;;

最近は肩が凝ったり、腰が痛かったり、その他いろいろ・・・・

やっぱ年だわ(^^;;

と、いうわけで、母がショートステイに行った今日、ポンたんはちょっとずる休み。

コメント欄も閉じて。

さあ、寝るぞ!・・・とはいかないけれど。

せっかくお越し頂いた皆様には申し訳ないので、お庭のジャガイモ畑のお花でも、お目にかけましょう。

ああ、草取りもしたいんだけど・・・

20160611132034521.jpeg

たけさんのお顔

いつのことだったか、ブログのお友達の大好きなたけさんが、傷が早く治る傷テープを紹介していました。

そのブログではたけさんの傷がいかに早く治ったのかということが書いてあったので、ポンたんもそのテープが欲しくなり、買い物に出かけた時、薬局に立ち寄りました。

むむ、買う気満々で来たポンたんはその値段を見ると、即座に違う棚にあったいつもの安いカットバンを買ってきたのでした。

先日ポンたんは包丁で指を切りました。
(ほほほ・・・・ぞっとするでしょ)

その数分前、ポンたんは台所でちょっとした大失敗をしたのです。
(ちょっとした大失敗ってなんじゃろね。教えないよ!大失敗だもの)

その大失敗を片付けて居間にジャガイモと包丁を持って来て椅子に座ってジャガイモをむいていたんです。

先の大失敗で気が動転していたのでしょうね。
スッとね、包丁の刃が指に!
(ここも、ぞっとするでしょ。ほほほ)

傷口に安いカットバンを貼りながら、頭に浮かぶはたけさんの顔。
ああ、ケチらないで、あの伝説の早く治る傷テープを買っておけば良かった。


それから、もう一ヶ月は経っているのだけど、まだ、早く治るテープは買ってません。

だって、けっこうお高いんですもの。

そして、また傷を作ってはたけさんの顔を思い出し、後悔を繰り返すポンたんなのでしょう。

あ、たけさんは素顔は公開してません。

だから、思い出す時はいつもyoutubeにある、鼻笛を吹いてる時のお顔です。

私の愛した男たち

ポンたんが、今、アメリカのロックバンド「シカゴ」が好き、とか「ブラッド・スウェットアンドティアーズ」が好きとか言ってるのは、4歳離れた姉の受け売りである。

センスの良い姉に憧れて、姉の好きなものは、きっと価値あるものだ、という思いで、まねっこをいっぱいしていた。

ただ、

男の好みだけは違っていたのねえ。

姉が小学校の頃夢中になっていたのは「小林旭」。
そこから西部劇のジョンウエイン。
姉が高校の時は、007のジェームスボンド役のショーンコネリーに、もう首ったけでした。

この3人、ポンたんは全く好みじゃなかったのねえ。

ポンたんは、中学1年生で「加山雄三」。
そのあと、ちょっとだけ、ザ モンキーズ、に夢中になったあと、高校の2年間ほどは、この人!

201606041553374a7.jpeg


これはプロマイドですよ。
姉が、街のプロマイド屋さんから買ってきてくれたのです。

20160604155340baf.jpeg


当時のアルバムに、こういう感じで貼ってあるわけ。
左横に当時のポンたんが書いた絵!
プロマイドの下には当時のポンたんの字で「沢田研二」!
(先日載っけた小学校2年生の時の字から、全く上達してない)

こういうのって今見ると、昭和の香りプンプン。

60歳過ぎた今だからこそ、姉と、あの頃の話しをしたかったけど。
母が認知症なのかどうかという境目の頃、姉は亡くなったので。

しょうがないから、お仏壇の横の姉の写真にウインクしてるポンたんです。

こわれちゃった!

昨夜からどこにコメント打っても、届けられてない。・°°・(>_<)・°°・。
私のアイパッドminiがこわれちゃった?
今日は時間が無いので、明日、また挑戦してみます。

はあ、記事はちゃんと更新できるんだね。・°°・(>_<)・°°・。
05 | 2016/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

つくし村のポンたん

Author:つくし村のポンたん
中学生だった姉が描いた小学生だった私。
その頃、昭和30年代の思い出を中心にしたブログです。
お金もない!
若さも無い!
無い無い尽くしのつくし村から、あんぽんたんのポンたんが製作中です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR