HALLOWEEN

ポンたんが子供の頃には、多分、知ってる人が少なかったと思われるハロウィンというお祭り。
渋谷では仮装した若者たちが、DJポリスの掛け声で、一斉に動き出すらしい。

魔女や、ジャックオーランタンや、ゾンビ達は、急速に日本人の心を掴んでしまったようです。

ポンたんは、この、人生60有余年のポンたんは、そんなものに惑わされたりしませんぜ。
そんなミーハーじゃござんせん。

20161028202904da4.jpeg

でも、ちょっと魔女っぽい人形を作ってみたくなりました。

20161028202905ce2.jpeg

うひゃあ、ほうきも、ちょこっと作ってみようかな?

昔、子供に結んであげた兵児帯。
これ、バックにしたら夜の雰囲気出ないかしら。

20161028202907427.jpeg

この最後の1枚が散々で、30分くらい格闘しても、どうにもできなかったという代物。
ポンたん、イメージを形にする能力が全く無いんだわ。・゜・(ノД`)・゜・。

定期的に母の診察に来てくださるお医者さん、看護師さんに渡すハロウィンクッキーを、2週間も前から用意して。

なんだ、ポンたん、ハロウィンのお祭り、楽しみたくって、たまらないんじゃないか\(^o^)/





theme : ハンドメイド
genre : 趣味・実用

今日は元気!

母は元気にショートステイから帰ってきました。
なんか、表情も穏やかで、ポンたんの疲れも吹っ飛びます\(^o^)/

今日は元気なポンたんだよ❤️
ポンたんが落ち込んだ時の秘策があります。
今日もそれを使いました。

どんな秘策かな?

それはね、

てきとーになるんです。
落ち込んでると悪い方に落ちてくばかりに思えるので、「ああ、これはまずい」と、気付いた時は、急に適当になって、無責任になって、あんぽんたんになるのです。

すると、「ポンたん復活」みたいになるから、不思議です。

でもね、ちょっと辛いと、またすぐ落ち込むポンたんでもありますから・・・

幾つになっても、この短所は治りませんf^_^;)

明日は元気!

今日は寝不足f^_^;)
だんだん超人に近ずいてきて、夜中から起きてようが、まるっきり寝られない時であろうが、割と身体は持つポンたん。
だけど、1日の終わりを迎える今頃(夜の10時)になると、疲れが出てくる。

認知症の母は、いちゃもんをつける天才だから、ポンたんは、それをサラリと受け流す技術を習得しなければならない。
これは、できる時とできない時と、いろいろある。
いろいろあって、結局、疲れる。

なんか、今日は疲れた。

ポンたんの寝不足の張本人である母は、今日はショートステイ。
ステイ先のベッドで今頃寝息をたてているかな?

ポンたんも寝よう。

今日は疲れた(。-_-。)



チョコ好きなら



ポンたんは、食べログ的なブログをあまり書きません。
たいていの食べ物を美味しいと感じるたちだから、だと、思いますが。

今日は特別!

これは、美味しい\(^o^)/

今日、自転車こいで、近くのスーパーへ。

母をショートステイに出した日は、ホッとするせいか、甘いものが食べたくなります。
自分だけの、いわばご褒美。
今日は、これ!

「買って」と言って、ポンたんの目に、ドキューンと、飛び込んできたこのパッケージ!

大きさがわかるようにティースプーンを置いて、撮影してみました。

実質の中身はこの袋の3分の2くらいあるでしょうか。

パッケージの写真より大きいです。

2人か3人で分けても、満足できるかな?

もちろん、ポンたんは1人でむしゃむしゃ。
ご褒美ですもん。

コーティングのチョコレートが濃い!
食感が、シャワシャキシャキとするところもある、変わったスポンジ!
美味しい!

なんか、すごい宝物を見つけた気がしたので、ブログにアップしてみました。

個人差はあるでしょうが、チョコ好きの人なら、けっこう、満足できるんじゃないかしら?

近くのスーパーでは、98円で売ってました。

しらいしのザッハトルテです!

おやじ太鼓の後

「おやじ太鼓」は、木下恵介アワーというシリーズものの中のドラマでした。
映画「二十四の瞳」の木下恵介監督ですね。
同じシリーズで、ポンたんが楽しんで見ていたものに
「3人家族」
というドラマがありました。
竹脇無我さんと栗原小巻さんが、初々しい、真面目な恋愛をするドラマです。
お互いの家庭が、それぞれ
父、竹脇無我、弟
母、栗原小巻、妹
と、3人家族なのです。
この中で、ですね、ポンたんが1番覚えてるのが、竹脇無我の弟のあおい輝彦役。
優秀な兄と違って、三流大学にやっと入学できた設定です。
優秀じゃない、と言っても、とってもいい子で、父親は可愛くてたまりません。
入学祝いにステレオを買ってあげました。
あおい輝彦の喜びようは、それは、すごいもので。
ステレオを運んできた電気屋さんが父親に
「いやあ、あんなに喜んでもらえるとは。良い息子さんですねえ。
今時珍しい!」
と言って半ばあきれたように、帰っていくほどです。
早速、あおい輝彦はステレオに抱きついてレコードを聴いてました。
なんと、汽車の音のレコードです。
ジャズやロックとかじゃ無く、
右から左に走っていく音が流れていくことに、大感激している大学一年生。
優秀な竹脇無我の弟が、単純だけど、性格の良い子だということを表現するための描写ですね。

そのころ、ポンたんちも同じようなステレオを買って、あおい輝彦と同じように感動していました。
全く同じに。
「音が、右と左から別々に聞こえるーーー!」

あの時代、大きかったですよ、ステレオ!

20161011171352149.jpeg

20161011171350725.jpeg

蓋を開けるとこんな感じ。

狭いアパートに、こんな大きなステレオを買ってくれた父親。

戦後始まった高度経済成長が、貧乏だったポンたんちにも、やっと、やっと、恩恵をもたらしてくれたようですね^_−☆

ポンたん、中学生か、JKの頃のお話でした。

おやじ太鼓

風見章子さんという女優さんを、皆さん、ご存知でしょうか。
先月、95歳で、お亡くなりになったそうです。

ポンたんは、風見章子さんというと、「おやじ太鼓」というテレビドラマが浮かんでくるのです。
1968年のドラマというから、ご存知ない方の方が多いかしら?

面白いドラマでしたよ。

一代で財を成した父親は、しょっちゅう太鼓がドンドコ鳴るように、雷を落としてばかり。
それというのも、家族をとっても愛してるからなんです。
そして、奥さんを。

その奥さん役が風見章子さんでした。
子供達を愛するゆえ、つい落とす雷に歯止めが利かなくなる夫を、うまいことコントロールする、賢くて、優しいお母さん役です。

雷おやじ役は進藤栄太郎さん。
この夫婦の間でポンポン飛び交う会話が、面白かったです。

主題歌を歌うあおい輝彦さんも、息子役で出ていました。

風見章子さん・・・あの、素敵なお母さん役をポンたんはずっと覚えています。

好きな女優さんでした。

ポンたんの友達



今日は、お友達に会いに、近くの公園に行ってきました。
汗ばむほどの陽射しだったのですが、景色はもう秋。

すぐ帰るつもりだったのに、公園の近くの喫茶店で、いっぱい、いっぱいおしゃべりしてしまいました。

ここのところ、10日ほど、母がちょっとお腹を壊していたので、軟弱なポンたんはヘロヘロに。

そんなことや、あんなこと、彼女は優しくニコニコと聞いてくれるのです。
(しかも、超美人)

全部受け入れてくれる友達がいるって、素晴らしい(((o(*゚▽゚*)o)))

さあ、頑張るぞ!

娘の好きなもの

娘の家に遊びに行くと、私が20歳のころ使っていたタンスや、母が60年前にお姑さんに買ってもらった裁縫箱などが、部屋に並んでいます。

私の娘は、古い物が好き!

そして、先日、娘が引き出しから出してきて見せたのが、これ。





私の父が使っていたもの。



若かりし父は、この缶にペン先を入れていました。
父が亡くなってから、私が娘にあげたものです。

おやおや、この缶はよく見ると、歯磨き粉入れのようですね。
Tooth paste
練り歯磨きの入れ物。
旅行好きだった父は、これをボストンバックやリュックに入れ、日本中を歩き回ったのでしょうか。
その後ペン先入れに使っていたのですが、このペンの箱も時代を感じさせますね。
箱の裏も見てみましょう。




字の形も年代物です。

娘は、こういうものに囲まれて暮らしていると、幸せなようです。
面白い私の娘です。
09 | 2016/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

つくし村のポンたん

Author:つくし村のポンたん
中学生だった姉が描いた小学生だった私。
その頃、昭和30年代の思い出を中心にしたブログです。
お金もない!
若さも無い!
無い無い尽くしのつくし村から、あんぽんたんのポンたんが製作中です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR