週に2回はデイサービス



先日腰を痛め、動けなくなった母は、お医者様も驚くほどの回復で、また歩けるようになっています。

今は、週に2回のデイサービスを受けていますよ。

昨日は、そのデイサービスの日。
施設の人が迎えに来てくれるまで、車椅子でお庭に出ています。
母の向こうにかすみ草。
かすみ草の向こうは、先日写真をアップした紫陽花。
この写真には入れられませんでした。
紫陽花はようやく、少しだけ、色づき始めてきました。

20170628205441957.jpeg


これは息子が遊んで植えたカボチャの花。
うまく実がつくと良いな^_−☆

かすみ草もカボチャの花も、母にみせたかったけど、母はちょっとずれたところを見てわらってました。

9時半、施設の車が来てくれました。
今から4時まで、母の外出です。

楽しんできてねー(*^o^*)

梅雨入りだあ\(^o^)/

東北もやっと今日、梅雨入りしました☔️
例年より9日遅く。

なんか、ほっとしました。
やっぱり梅雨は必要です。

201706212149160fa.jpeg

で、梅雨と言ったらやっぱり、この花よねd(^_^o)
と、雨がザーザー降ってる中、庭に出て写真撮ったけど、ポンたんのお庭の紫陽花は、まだ、こんなもん。
やっと少し色づき始めたくらいです。

♪雨が空を見限って
あたしの心に乗り換える♪

これは中島みゆきさんの「雨が空を捨てる日は」の一節。
2番は
♪雨が空を見限って
あたしの心に降りしきる♪

と、なります。

あーあ、この歌詞に共感して歌っていた若い頃があったなあd( ̄  ̄)

今はあの頃を懐かしく思い出す「やすらぎの郷」世代のポンたんであります。

安心してください。電気代 払ってますよー💡


先日の母の在宅診療の日

在宅診療では、とても優しいイケメンのお医者様と、真面目で美人な看護師さんが2人1組で来てくださいます。

その日は母の血液検査のため、看護師さんが血液を採取してくださることに。

ちょっと曇り空の日だったので、室内がちょっと薄暗く。

看護師さん注射器を用意しながら「電気ってつけることできますか?」

ポンたん、いそいそと壁のスイッチを押して
「電気ってつけることできますよー」

(みなさん、ご存知ですか?
家の電気ってつけることできるんですよー。)

「そうですよねえ」
応える看護師さん、クスクス笑ってました。

真面目で仕事熱心な看護師さんと、ポンたんの距離が縮まった瞬間でした^_−☆



本日は、先日息子が買ってきたお菓子があまりにも美味しかったので、写真を載っけますよ。

201706101323357ec.jpeg

ポンジュースがお餅になった!
世の中、美味しいものがいっぱいありますね^_−☆


6月です!

出会い
別れ
待ち合わせ
待ちぼうけ

駅に結びついた様々な思い出を持つ人は、多いのでしょうねえ。

駅・・・

今朝は、壁に掛かったカレンダーを、思いっきりビリビリと、1枚破ったポンたん。
6月の文字を目にして、月日の経つ速さにため息をついたのは、もちろんです。

そして、口ずさむこの歌♪
6月と言えば、ポンたん世代は、この歌。

新しい誰かのために
わたしなど 思い出さないで
声にさえもならなかった あのひと言を
季節は運んでく 時の彼方
六月は蒼く煙って
なにもかもにじませている

雨のステイション
会える気がして
いくつ人影見送っただろう

荒井由実さんの「雨のステイション」ですね。
6月は、蒼く煙るんです。
ポンたんも、蒼く煙ってたなあ(^_^)a

今日のつくし村も、ちょうど雨☂️

ユーミンを口ずさみながら、ずぼら過ぎたあの頃を、振り返ろうっと^_−☆


あなたの6月の歌は、なあに(・・?)
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

つくし村のポンたん

Author:つくし村のポンたん
中学生だった姉が描いた小学生だった私。
その頃、昭和30年代の思い出を中心にしたブログです。
お金もない!
若さも無い!
無い無い尽くしのつくし村から、あんぽんたんのポンたんが製作中です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR