FC2ブログ

泣けて歌えません♪

孫の卒園式で、「糸」が歌われました。
幼稚園児が卒園式で中島みゆきさんの「糸」を合唱しました。

娘からその動画が送られてきた時、ポンたんは腰を抜かしました。
(もちろん比喩です)

幼稚園児の誰か1人でも、この歌を、この歌詞の1行でも、理解できているのであろうか。
何故卒園式の合唱に「糸」なんだ、幼稚園よ。

園児たちはふざける者も無く、手を後ろに組み、幼い頭を揺らしながら上手に歌ってます。
孫も、眉間にしわを寄せ、何か考えているかのように歌ってます。
(うちの孫は集団の中では結構しかつめらしい顔をしています。
娘に言わせると、その実、何も考えていないんだそうです。)


ま、こんなことがあってから、ポンたんはその時までメロディーくらいしか知らなかったこの歌の歌詞を口ずさめるようになりました。

なーぜーめぐり合うのかを〜私たちは何もしーらないー
いーつめぐりあうのかをー私たちはいつもーしーらないー

ここまでは歌えるんです。
この後がいけません。
。・°°・(>_<)・°°・。
声が詰まって歌えなくなるんです。
以前にも、歌ってると泣けてしまう歌をブログに書かせていただきましたが、そこにもう一曲この「糸」が加わりました。

どこにいーたーのー
いきてきたーのー
遠い空の下2つの物語

ああ、もういけやせん。
。・°°・(>_<)・°°・。
中島みゆきさん、あんた、昔、「わかれ歌歌いの影がある」なんて自嘲していらしたじゃあありませんか。
「おかみさんたちよ、あんたらのほうが、あこぎな真似をしてるじゃないかー」
とかね。
「もういくつ目の遠回り道、行き止まり道、手にさげた鈴の音はー、帰ろうという、急ごうと言う。
頷く私はー、帰り道もとうに忘れたのをーしっているーーー」
とかね。
この人は私の同類だと思っていやしたが、今じゃあすっかり大人になんなすって。
人と人との出会いの奇跡を、歌い上げる素晴らしい女性になられたんですねえ。

だけど、なんで、卒園式の歌なんだーーーーー!!!!

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

私も、この曲が好きです。(*^_^*)
でも幼稚園児に、この曲は…


♪縦の糸はあなた 横の糸は私
逢うべき糸に 出逢えることを
人は 仕合わせと呼びます♪


園で、先生と友達に出会い、そのことが幸せだった…
そう解釈すれば、なんとか…


それにしても中島さん、良い曲がたくさんありますねぇ~

No title

あっ!
また…  _| ̄|○

注意力散漫
集中力低下

ボケたのかしら… ゚゚(゚´Д`゚)゚

ば、ば、ばー咲希びーちゃん(^^;;

ばーびーさんと咲希ちゃん❤️
たけさんのところでも、やってましたわね\(^o^)/
でも、すごいわ!
あこがれるわ!
2つの顔を持つミステリアスな美女!
咲希ちゃんは、きっとこのブログではない違う世界で大活躍してるのね!

ところで、中島みゆきさんとユーミンは、ポンたんの揺れ動く心を両極端で表してくれるミュージシャンでした。
もちろん、結婚前のナイーブなポンたんの!
(信じなくてもOK!)

ポンたんも年をとって変わったけど、このお二人の曲調も、変わってきましたね。
ユーミンさんは透明から妖艶に。
中島みゆきさんは捨てられる歌から勇気を与える歌に。

「糸」では、「どこにいたの」というところで、今まで見知らぬ人だったあなたと今こうして出会ったすごい奇跡を思うことが、ポンたんの涙腺を緩ませるんでやんすよ。
ね、咲希ちゃん❤️
いやさ、ばーびーさん❤️


こんにちは(^^)/

つくし村では、この時期に卒園式なんでしょうか?
(ちがうよね?)

卒業・卒園式に唄う歌はいろいろあるようですが
最近の定番である「旅立ちの日に」はホント泣けます(>_<)

・・・トシ取ると涙脆くなるんですよ~

あと、自分の小学校の卒業式の時ですが
当時の音楽の先生が、仰げば尊しの代わりに
「わかれ」という歌を選んでくれました♪

この歌は今でも忘れてませんし、音楽の先生と
校長先生に深く感謝しています。。

さらば さらば わが友
しばしの別れぞ 今は
さらば さらば わが友
しばしの別れぞ 今は
身は離れ行くとも 心は一つ
いつの日にか また相見ん
幸くませ わが友 。。


ドイツ民謡の「Abschied(Muss I Denn)」という曲
であるというのは、今知りました(^O^)ヒヤ~!



み〜むしさん

わ!わ!わ!わ!わ!
この歌、母といつも歌ってる歌♪
歌詞がはっきりわからなかったので、最後の方も
さらばさらば我が友しばしの別れぞ今はーー♪
で終わらせてたわ。
母の歌える歌は、戦前女学校で習った歌が多いです。
この「わかれ」も認知症の進んだ今も、歌える数少ない曲の1つ。
「仰げば尊し」
とか、
「蛍の光」
もよく母と歌ってます。
「わかれ」が、み〜むしさんの思い出の曲だったなんて、ポンたん、嬉しくなっちゃいました\(^o^)/
み〜むしさんも涙もろいのね(^_−)−☆
歌は、心にダイレクトに響きますね^_−☆

No title

美輪明宏氏が彼女のことを、
恋愛下手な情けない女性(大意)と言いつつ、
半分くらい褒めたインタビューをどこかで読みましたが、
情念という意味では凄い人なのでしょうね。
園児達も将来、あのとき歌ったあの歌はこういう意味の歌だったのか、
と思う時が来る・・・のかな?

HUKEIKIDURAMEGANEさん

来ますよねー、園児たちがそう思う時!
今は、こうやって動画も残ってるんだし。
ほんとだ!来ますよねー。
うふふふふ(^.^)
それがいつなのか。
その時我が孫はどういう感想を持つのか?
もし孫が、恋愛中だったら?
・・・・想像するとワクワクします。

中島みゆきさん・・・・
おやおや、美輪明宏さんが、そんなことを・・・・
今の中島みゆきさんの歌が、こうやって幼稚園から老若男女、広範囲に指示されているのは、容易に受け入れられることですね。
でも、あの若い頃の
「あぶな坂を越えた所に、あたしは住んでいる〜♪」
とか、
「あの人ーがー言うのー、おまえはダメになーる〜♪」
なんかの歌詞の歌も、多く女性に支持されていたってことは・・・
・・・恋愛下手な女性が案外多いってことなのかも・・・ね^_−☆

HUKEIKIDURAMEGANEさん

文中に、漢字の間違いがあります。
さあ、どこでしょう?

なんて書きたくて間違えたわけではございません。もちろん。
お詫びして訂正いたしますm(__)m

07 | 2018/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

つくし村のポンたん

Author:つくし村のポンたん
中学生だった姉が描いた小学生だった私。
その頃、昭和30年代の思い出を中心にした、ポンたんのちいちゃな世界。
通りすがりにお立ち寄りください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR